高千穂峰登山!苦労の先の超絶景!

2019年1月13日

こんにちは!バヤまるです🌿

先週の日曜日、義両親と我々夫婦の4人で高千穂峰に登山してきました。

ちなみに、宮崎で有名な「高千穂峡」とは全くの別物で、場所も全然違います。

どれが山頂?

この左側のテッペンが山頂かと思いきや、

山頂ではないのとこと。

山頂は見えないのです🤯!!

不安と絶望を胸に登山開始。

あんなところに行ける気がしないよ🤤

左に見えるテッペンもどきは大体6割(体感)地点くらいらしい。

登山の服装

義両親は若い頃から登山やキャンプが趣味で、キャンプ用品もたくさん持っています。

もちろん靴も服も登山向けのものがしっかり揃っていて、装備はバッチリ!

一方私たち夫婦は登山経験がなく、大学生の時に登った高尾山が関の山です。

高千穂峰を登ろうと言われた時も、「休日に気軽に登る程度の山だろう」と思い、

「長ズボンで運動靴履いて行けばいっか!」くらいしか考えず、

👱‍♀️ジーパン(寸足らず)+Tシャツ+くるぶしソックス+NIKEの運動靴+パーカー+帽子

👱‍♂️ジーパン+Tシャツ+くるぶしソックス+運動靴+麻のシャツ+キャップ

という服装。

高千穂峰に到着した時の場違い感/(^O^)\

みんなステッキ?みたいなの持ってるし、

足とか手にはカバーつけてるし、

靴もちゃんとしたやつだし、

「あ、ここガチの登山なんだ」と気づいた頃には時すでに遅し。

ジーパン(寸足らず)で強行\(^O^)/

最初は気持ちのいい山道!木漏れ日の中を歩く😊

早くも心が折れそうになる砂利砂利な傾斜を登って行き、

↑足首見えてる

木漏れ日の中を進みます。

この後、永遠と続く階段道を登っていきます。

それだけでもかなり疲れたのですが、これが終われば頂上だと思って頑張って登りました。

しかし、階段道など、序章も序章。

まだまだ高千穂峰登山は始まっていなかったのです。

突如現れる岩場!足元悪すぎ🤤

本当の高千穂峰登山はここからだぜ。

ものすごーく足場悪い!!!

こんなところ、足首晒してスニーカーで登ってはいけません。

靴の中にゴリゴリ小石や砂が入ってきます。

足が砂にとられて滑ること滑ること🤪

まるで坂道の砂浜を歩いているような疲労感です。

岩の上を歩くのがコツですね。滑らないから。

バランス崩して後ろにひっくり返ったら後頭部に岩が刺さって痛いんだろうなー

なんて考えながら怯えて登りました。

とはいえ周囲はすでに絶景!

(これどう見たってこれが頂上だと思うよね。でも違うんだよ。)

「うわー!」とか「ぬおおお!」とか

奇声をあげながらなんとか登ると、そこには絶景が!!

人生初の噴火口!壮大な自然に触れて疲れがブッ飛び!🏔

噴火口現る!!!

写真だとなかなか伝わらないけれど、かなりのスケールでした。

ここまで来るのにかなり体力を使い、正直ヘトヘトだったのですが、

この景色を見た途端に疲れが本当に飛びました。

こんなことしてフザける元気も出てきたりして。

この岩は火山で飛んできたんだろうなーという佇まいでした。

噴火口の周り?を歩いていくと、ようやく最終アタックです。

いよいよ最終アタック!

まずはこの写真をご覧ください。

この写真で見える頂上が、真の頂上です。

この集合写真、どう見てもこれから登山する雰囲気ですが、

すでに一山登ってます

ようやく終わったと思ったら、まだこの山が控えているわけです。

この絶望感、お分りいただけるだろうか?🤤

階段っぽくなってはいるものの、あってないようなものです。

砂が細かくて岩が少ないので、めっちゃ滑ります。

ひぃひぃ言いながら登っていたのですが、

このへんで

94歳のご老人に遭遇👴

しかも一人。

27歳がひぃひぃ言っている道を、

スタスタと降りてこられたのです。

仕事柄(介護福祉士)、高齢者の方と接することが多いですが、

施設に入居されている方には、そんな元気な方はいないので、

衝撃を受けました。

もっと頑張らないといけません。

ここからは足場が悪すぎて写真を撮る余裕もなく、

ただひたすらに登りました。

そしてようやく頂上へ!!

登頂成功!!何も見えなくても、お弁当は最高に美味しかった!!🍙

ようやく頂上へ到着したものの、曇ってしまって何も景色が見えないという事態!

しかしまぁ登頂の達成感で大満足だったのと、空腹すぎてヘロヘロだったため、

みんなでお弁当タイム!!

朝早くに起きてみんな(夫は寝てた)で作ったお弁当を広げます。

  • おにぎり4種(おかか、梅、ゆかり、ふりかけ)
  • からあげ
  • ニラ入り卵焼き
  • たくあん
  • ソーセージ

これでもかというほど、定番のお弁当のおかずが

まぁああああ美味しいこと美味しいこと

人生で食べたお弁当の中で一番美味しかったです。

食後のデザートは

  • 茹で栗
  • ようかん

茹で栗はナイフで皮を剥いて食べました。

野生的というか、田舎的で楽しかったです。

こぼした栗は、すぐに蟻が拾いに来ていました。

飲み物はお義父さんがお湯を沸かしてお茶とコーヒーをいれてくれました!!

山頂で飲む淹れたてのお茶とコーヒー

最高かよ・・・

お腹もいっぱいになり、

せっかくなので、神話にも登場し坂本龍馬が抜いたとされる「天逆鉾(あまのさかほこ)」の前で記念撮影

ここから大変な下山が待っていますが、

滑り落ちながらなんとかなりました。笑

登山の所要時間

登り:1時間45分〜2時間

降り:50分〜1時間

といったところでしょうか。

お弁当を食べたり、休憩したりする時間を考えて、

3時間半〜4時間で予定しておけば大丈夫かなと。

できれば午前中から登るのが理想です。

バヤまる
バヤまる
すごく疲れましたが、めっちゃくちゃ楽しくて、登山の次の日に夫婦の登山靴を買いに行きました🤗宮崎にはたくさんの美しい山があるそうなので、挑戦していきたいです✨楽しかった!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで読んでいただきありがとうございました🍃

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると励みになります✨


人気ブログランキング

ーーーーーーーーーーーーーーー